中長距離ランナーのための【ランニング広辞苑】

ランニングにおける鼻呼吸の重要性

time 2018/11/30

ランニングにおける鼻呼吸の重要性

こんばんは。

本日は、ランニングにおける

鼻呼吸の重要性について書きたいと思います。

 

鼻呼吸の重要性について

 

皆さん、走る際は鼻と口、

どちらで呼吸していますか??

 

 

結論から言うと

基本的には鼻、きつい場合だけ

両方で呼吸するのが正解です。

 

 

 

今回は、鼻呼吸と口呼吸の

メリット、デメリットを

それぞれ紐解きたいと思う。

 

 

メリット

①鼻呼吸

・外気の汚れから肺を守る

・外気の温度から気管を守る

・鼻腔の一酸化窒素の効果により血管拡張が促される。※「後で説明」

・脳をクーリングできる。

・吸入抵抗が口よりあるため、肺への負担が少ない。

 

②口呼吸

・一度に大量に空気を吸入することが可能。

・リフレッシュできる。

 

 

デメリット

①鼻呼吸

・吸入スピードが遅いため、運動中はきつい

 

②口呼吸

・免疫の低下

・血管拡張しない

 

簡単にメリットとデメリットを

あげさせていただきましたが、

鼻呼吸の有用性がしっかり理解できたと思います。

 

※鼻腔内の一酸化窒素についての説明

 鼻腔の奥には一酸化窒素のたまり場ともいえる場所があり、鼻呼吸によって、

 一酸化窒素も全身へいきわたる。一酸化窒素は、血管拡張作用があり、

 血行促進につながる。

 

様々なメリットがある鼻呼吸ですが、

ランニング中は、すこし息しづらいかもしれません。

そんな時は、口呼吸も併用していただいて構いません。

 

ここで大切なのは、併用という点です。

 

あくまで鼻呼吸も行っているという条件です。

 

疑問

 

初心者の方でたまに、

「どちらでしか吸えません」

などという方がいますが、そんなことはないです。(汗)

 

できない方は、鼻で吸いながら

口を開くとやりやすいかも、、、

とにかくマスターしましょう。

 

鼻呼吸は普段の生活からも、

活用するといいです。

疲れにくく健康になれますよ。

 

 

実際に、鼻呼吸は口呼吸よりもゆっくりと

吸入するので肺への負担も少なく、

酸素摂取割合も高いといわれています。

 

普段口呼吸している方は、

なかなか意識しないと、無意識に口が開いていることが多いです。

普段から意識しましょう。

 

 

睡眠時

 

鼻呼吸にすると、実際にやった方はわかると思いますが、

寝起きのすっきり感が全然違います。

強引な手段ですが、

口にマスキングテープをはって寝る

という方法も案外効果的だったりします。

 

 

小林製薬さんからも

このような商品がでていたり、、、

結構医学的にも大切な要素なのです。。

ナイトミン 就寝時に貼る鼻呼吸テープ 口・のどの乾燥・いびきの音を軽減 安眠へ促します 15枚入

ぜひ鼻呼吸試してみてください。

以上鼻呼吸の重要性でした。

 

ご愛読ありがとうございました。

 

次回は、低酸素トレーニングについて、

記事を書きたいと思います。

コメント

down

コメントする




ちょっと僕のつぶやき。

S。

S。

1996年生。 800m:1分52秒38 1500m:3分54秒53 というまあまあ無難な記録な学生時代。現役ランナーとして部を引退した現在も活動。昔から類い稀な、人体に関する知識や感覚、スポーツの栄養学やトレーニング法マニアで、沢山の人にそれを伝えるのが趣味である。 中学時代は800m:2分15秒、1500m:4分40秒の弱小ランナー 勉強を介して、独学で練習を編成。貧血やスランプも独自で乗り越え、毎年ベストを更。